透過X線回折測定によるラミネートセルの正極材と負極材の同時オペランド測定

リチウムイオン電池は、他の二次電池と比較しエネルギー密度が高く小型化・軽量化が容易なことから、ノートパソンや携帯電話などの携帯機器の電源として広く普及しています。その電池の評価にはX線回折法が頻繁に利用されていますが、中でも充放電過程における電池内の正極材や負極材の結晶構造変化をその場で観察するオペランド測定は、反応の進捗や機序、構造の変化、劣化等を明らかにできる有用なツールです。Mo線源を使用した透過X線回折測定では、製品に近いラミネートセルの正極材・負極材の結晶構造変化を同時に捉えることが可能です。


このアプリケーションをPDFで見る