ポリマー・プラスチック

ポリマーの結晶化度や配向性

ポリマー・プラスチックの研究、開発、品質管理など、すべての段階において、蛍光X線分析は添加物(顔料、充填剤、難燃剤、安定剤)の同定や濃度の定量に用いられています。添加物の例としては、アンチモン、バリウム、臭素、カルシウム、クロム(RoHS/WEEE規制用)、銅、リン、チタン、亜鉛などがあります。
ポリマーの結晶化度や配向性は、X線回折法で評価することができます。X線小角散乱(SAXS)では、ポリマーの長周期構造が分かります。グロー放電発光分析では深さ方向の元素分析ができます。熱分析では、熱分解などを調べることができます。

アプリケーション