示差走査熱量計 DSC

熱物性に関するもの 【示差走査熱量測定 DSC 】

DSCは、試料を加熱または、冷却した時に試料内に発生する熱エネルギーの変化を比較的微量の試料を使用し、再現性よく定量的に検出する手法であり、原理的に、エネルギー補償型と熱流束型に分けることができます。

リガクが採用している熱流束型DSCは、DTA(示差熱分析)から発展してきたもので、 DTAを定量することによりエネルギーを測定する方式です。

s