平行ビーム光学系による赤外線加熱高温装置を用いた格子定数の温度依存性評価

X線回折測定によって、材料の結晶構造に基づく結晶相の同定や格子の長さ、原子の座標位置などを評価することができます。したがって、X線回折法は材料物性の研究には欠かせない分析手法の一つです。その中でも、高温下でのX線回折測定は、通常の測定で得られる材料の構造や物性以外に、高温下で起こる相転移や化学反応、劣化状態や合成プロセス、格子定数の温度依存性などを知ることができる有効な手法です。


このアプリケーションをPDFで見る