低温下におけるイオン液体の結晶化挙動(1)

イオン液体は水、有機溶媒につぐ第3の液体といわれ、分子性の陽イオンと陰イオンで構成されており、電気伝導性が高く、燃料電池、太陽電池などの電気化学分野において注目されています。しかしながら構造と物性の関係はいまだ不明な点が多く研究が続いています。ここではXRDとDSC同時測定装置を用いて-70℃付近の低温下におけるイオン液体の結晶構造について評価を行いました。


このアプリケーションをPDFで見る