化粧品(ファンデーション)の分析

application

エネルギー分散型蛍光X線分析装置EDXL 300(イーディーエクセル300)は「散乱線FP法」ソフトウェアによりC, H, O, N等の「非測定成分」を自動で推定することができるため、粘土質の鉱物等に油分を混合して加工しているファンデーションにおいても正確な定量分析が可能となりました。また、2次ターゲット励起方式と偏光光学系を採用しており、広い元素範囲にわたって高ピーク・バックグラウンド比のスペクトルが得られ、高感度、高精度の分析が可能です。
今回は、市販のファンデーションを元素分析した例を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: