蛍光X線を用いた重原子置換体結晶の評価

appbyte

タンパク質の新規構造を決定する上で、重原子置換体結晶を用いた重原子同型置換法・異常分散法は現在でも必要不可欠な位相決定法です。しかしながら重原子置換結晶の探索には、多数の重原子を用いたソーキングおよび回折強度測定、重原子の結合の有無をチェックする作業などが必要であり、多大な時間と手間がかかります。回折強度測定を行うことなしに重原子導入の成否を判断することができれば、大幅な時間短縮が可能となります。そこで元素分析に利用されている蛍光X線測定により、重原子置換体結晶の評価を行いました。


このアプリケーションをPDFで見る

stock