金属部品の応力マッピング測定

application

金属材料に対して外部から力を加えたときに、内部に残留した力(内力)のことを残留応力といいます。金属を曲げた場合、元の形状まで戻れば残留応力は生じませんが、弾性限界を超えて変形したままの場合には残留応力が発生します。この残留応力が原因で、金属材料の割れ、破断、変形などのさまざまな問題が発生するため、残留応力の管理や把握は非常に重要となります。


このアプリケーションをPDFで見る

application