電池セルアタッチメント ~in situ X線回折で充放電しながら極材料の構造変化を追う~

X線回折法は、リチウムイオン電池の評価にあたり、定性分析、結晶子サイズ解析、リートベルト解析など、極材の構造変化をさまざまな角度から調べられるのが特長です。近年は、実験室系装置でも、セルを充放電させながらin-situ測定できるようになりました。リガクは、電池セルのin-situ充放電測定に特化した電池セルアタッチメントを提供しています。電池セルアタッチメントは、10°/2θから測定可能で、低角領域での正極劣化シグナルを検出できます。リガクのX線回折装置に取り付けて利用することができます。
本資料では、in-situ測定の意義、電池セルアタッチメントの機能と特長、そしてリガクのX線回折装置と電池セルアタッチメントを使って得たin-situ測定結果を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: