携帯型ラマン分光計による医薬品原料の確認試験

日本のPIC/S加盟に備え、出発原料の確認試験は医薬品業界にとって大きなテーマです。こうした背景のもと、全数検査に必要な迅速性を持ち、容器の外側から検査できる直接測定に最適な検査手法として、ラマン分光法が注目を集めています。従来有力な手法とされてきた近赤外分光法と比較して、スペクトルから得られる情報量が多く、物質同定能力に優れているためです。リガクは、米国基準のUPS<1120>に準拠する、最新機能を備えた、ハンドヘルド型の2つのラマン分光計をラインアップしています。
本資料では、これらの携帯型ラマン分光計について紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: