リガクの医薬品分析 ~最新の計測技術で研究開発と品質管理をスピードアップ~

application

結晶形の検討、原薬の確認、および製剤化条件の決定という3つのプロセスは、医薬品の研究開発において重要な位置を占めます。これらのプロセスにおいて必要なのは、1.結晶相転移の起こる条件の把握による結晶多形/擬似結晶多形の正確な管理、2.結晶化度解析や多形不純物の確認、3.錠剤が製造・使用・保管される実環境下での状態変化のシミュレーション、などです。これらの試験や観察をより手軽に、より短時間に行うために、さまざまな装置が活用されることになります。
本資料では、医薬品の開発、品質管理のスピードアップに貢献する、粉末X線回折装置、単結晶X線回折装置、示差熱天秤、X線顕微鏡というリガクの装置の有効性について解説します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: