携帯型ラマン分光計Progenyによる医薬品原材料の迅速判定

物質同定能力の高いラマン分光法は、瓶や透明な袋の外側からのサンプル測定や、水分を含む試料の分析が可能で、数秒から数十秒の短時間に材料の異同判定ができるという特長があります。製薬分野においては、医薬品生産プロセスのさまざまな部分に適用できる、品質管理に最適な分析手法であると言えるでしょう。リガクのラマン分光計「Progeny」は、ハンドヘルド型でありながら、FDA 21 CFR Part11などの各種規制に準拠する、PIC/S対応のハイスペックな装置です。
本資料では、Progenyの機能を解説し、原薬の受け入れ検査や最終製品の分析など、医薬品生産の現場で活用できるシーンについて、測定例と共に紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: