X線顕微鏡による正極・負極活物質の3次元観察

application

リガクは、電池分野向けのソリューションとして、X線回折、熱分析、X線顕微鏡という3つの手法を用意しています。
本資料は、電池討論会に出展したX線顕微鏡の紹介資料です。Cr/Cu/Moと線源を変えたときのコントラストの違いを紹介し、Mo線源で観察した正極/負極の3D画像を紹介します。


このアプリケーションをPDFで見る

application