医薬品錠剤の反射法測定~部位ごとの結晶相を同定する~

application

X線回折では目的により試料を反射法と透過法で測定します。反射法では試料の切断・粉砕といった試料調製が必要な場合もありますが、シンプルな光学系を選べることから、小型・安価な装置でも測定できます。測定部位ごとの反射法測定を行うと、各部位での結晶相同定(定性分析)や結晶性(結晶子サイズ)の比較ができます。


このアプリケーションをPDFで見る

application