缶詰食品中に含まれる金属元素の分析

缶詰食品中には、缶の素材として使われているブリキから溶出したスズ(Sn)が含まれています。国連食糧農業機関 (FAO) と世界保健機関 (WHO) が合同で作成した国際的な食品規格であるCODEX(1)では、缶詰食品中に含まれるSnの上限値を250 mg/kgと定めており、これを簡易に分析する方法が求められています。今回,エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX DE を用いて缶詰の果物中に含まれるSnの分析を行った例をご紹介します。


このアプリケーションをPDFで見る