グループ沿革

  • 1951年 理学電機株式会社を創立
  • 1952年 世界で初めて回転対陰極型X線発生装置(ロータフレックス)を開発
  • 1954年 わが国で初めて自動記録式X線回折装置(ガイガーフレックス)を開発
  • 1957年 国産初の自動記録式熱分析装置(サーモフレックス)を開発
  • 1960年 拝島工場を新設
  • 1961年 理学電機工業株式会社を設立
  • 1967年 連続自動記録式高低温X線回折装置に対し、紫綬褒章受賞
  • 1968年 多元素同時蛍光X線分析装置(サイマルティックス)を開発
  • 1970年 多元素同時蛍光X線分析装置(サイマルティックス)用自動試料調整機構(ASP)を開発
  • 1972年 Rigaku/USA,Incを設立
  • 1978年 世界最強の超強力X線発生装置(RU-1500)を開発
  • 1981年 世界初のホウ素分析装置を開発
  • 1986年 グループ販売会社 (株)リガクを設立
  • 1992年 理学電機X線研究所を設立
  • 1996年 Molecular Structure Corporation(MSC)を買収
  • 2000年 Osmic, Inc.を買収
  • 2001年 Rigaku/USAとMSCが統合し、Rigaku/MSC, Inc.を設立
  • 2004年 理学電機株式会社が株式会社リガクと統合
     迅速X線回折装置 R-AXIS RAPID が第28回井上春成賞を受賞
  • 2006年 Rigaku/MSC, Inc.がRigaku Americas Corporationに社名変更
     Osmic, Inc.がRigaku Innovative Technologies, Inc.に社名変更
  • 2007年 ドイツ・ベルリンにRigaku European Headquartersを設立
  • 2008年 チェコ・プラハにRigaku Innovative Technologies Europe s.r.oを設立
     理学電機工業株式会社が株式会社リガクと統合
  • 2009年 中国・北京に理学電企儀器(北京)有限公司を設立
     アメリカ・オースティンにApplied Rigaku Technologies, Inc.を設立
  • 2010年 中国・香港にRigaku Asia and Pacific, Ltd.を設立
     Rigaku European HeadquartersがRigaku Europe SEに現地法人化
     Newton Scientificがグループ企業として発足
  • 2011年 アメリカ・サンノゼにRigaku Raman Technologies, Inc.を設立
  • 2013年 ブラジル・サンパウロにRigaku Latin America Ltda.を設立
  • 2014年 アメリカにRigaku Americas Holding, Inc.を設立
  • 2015年 ポーランド・ヴロツワフにRigaku Polska sp. z o.o.を設立
  • 2016年 シンガポールにRigaku Asia Pacific Pte. Ltd.を設立