有機TFT応用セキシチオフェン(6T)薄膜の分子配向評価

application

有機TFT(有機薄膜トランジスター)は印刷法による低コストでの大量生産が可能であり、フレキシブルなプラスチック基板上に形成できるため、薄くて軽いディスプレイを駆動させるTFTとして期待されています。トランジスターとしての性能を左右するのはキャリアの移動度ですが、有機分子の配向状態を制御することで、同じ分子でも移動度が向上する可能性があります。今回は、ペンタセンに次ぐ移動度を示すセキシチオフェン(6T:Sexithiophene)薄膜の分子配向をX線回折により評価しました。


このアプリケーションをPDFで見る

application