リチウムイオン電池材料の最先端研究・開発要求に応える最新X線回折技法

application

リチウムイオン電池材料の実用化に不可欠な要素は、さらなる大容量化と高安定性の獲得、そして長寿命化です。それらの実現に向けた研究・開発において、X線回折装置は大きな役割を果たしています。近年定着したX線回折技法に、代表的な3つの測定手法があります。1つ目は、充放電中の結晶構造変化をin-situで測定する手法。2つ目は、正極材/負極材に微量含まれる共存化合物や結晶多形の定性・定量分析。3つ目は、粉末X線回折データからの、結晶構造解析。
本資料では、X線回折装置の活用により、これら3つの手法を使った電池材料の評価事例を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: