錠剤のサブミクロン構造イメージング 高分解能3DX線顕微鏡 nano3DX

application

サブミクロン空間分解能を備えるリガクのX線顕微鏡「nano3DX」は、試料成分の密度差が小さな医薬品や生体組織の微細構造を、2次元(投影像)および3次元CTで非破壊観察できる装置です。錠剤全体や、錠剤内の粒子を詳細に観察したいなど、観察目的にふさわしいX線源を選択することができ、付属ソフトウェアによって、観察した画像の解析が可能です。本資料では、錠剤を中心に、コート層の状態(厚さ、剥がれ、クラックなど)や、錠剤内部の密度分布、ひび割れなどを、実際にnano3DXで観察した画像と、付属のソフトウェアでの解析例を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: