短時間露光でのI-SAD構造解析例

新規構造のタンパク質の構造解析を行う上で、異常分散法は有用な位相決定法のひとつです。特に単波長異常分散法(Single wavelength Anomalous Dispersion:SAD法)は、一波長のみのデータで位相が決定できるため、タンパク質の迅速構造解析において重要な役割を果たしています。


このアプリケーションをPDFで見る