NEX QCによる オイル中硫黄(S)、塩素(Cl)の分析

application

原油、切削油、廃油などのオイルや石油製品に含まれる硫黄、塩素の量を分析・管理することは重要です。例えば原油中に塩素はもともと存在したり、プロセス内で混入する可能性があります。この塩素の管理を怠ると、原油配合時における硫黄の測定誤差の原因となったり、精製装置を損傷させる可能性があります。切削油の効果と潤滑性は、硫黄と塩素量のバランスに因りますが、適切な含有率に調整しなければ、切削工具や機械が損傷する可能性があります。廃油はリサイクル潤滑油、または工業用炉で二次燃料として使用することができます。このような試料に対して、エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC(ネックス・キューシー)は、シンプルな操作で簡単に硫黄、塩素などの濃度を分析でき、最小限のコストで信頼性の高い品質管理を行うことができます。

今回はオイル中硫黄、塩素の分析を紹介します。原油、切削油、廃油、高塩素含有オイルの分析に適用できます。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: