古貨銭の真贋鑑定にX線残留応力測定を使う

古貨銭や古美術品、文化財の鑑定にX線を利用すると聞けば、どのような方法を思い浮かべるでしょう。蛍光X線による元素分析でしょうか。それともX線透過法を使った3次元像でしょうか。X線残留応力測定を有効に活用することで、測定対象の古貨銭の真贋鑑定に有効な知見を得られたことが明かされています。その内容について解説します。


このアプリケーションをPDFで見る