デスクトップX線回折装置を用いた 0.1 mass%アスベスト含有試料の測定

作業環境計測として、建材や天然鉱物中に0.1 mass%以上のアスベストが含まれているか否かの判定については、JIS A1481-2008や2006年8月28日付の厚生労働省通達に基づいて行う必要があります。この通達には、ギ酸による濃縮を行った後にX線回折法による定性分析が必要であると記載されています。前処理を行うと時間や手間がかかるため、より迅速かつ簡便に定性分析を行う方法はないかとの声が上がっています。コンパクトな分析装置であるデスクトップX線回折装置MiniFlex600を使用した場合でも、高速一次元検出器D/teX Ultra2を用いれば、タルクなどの天然鉱物中の微量アスベストの検出が可能です。


このアプリケーションをPDFで見る