酸化亜鉛ナノ粒子の結晶子サイズ分布解析

application

近年、光触媒を用いた空気の浄化や水の分解に関する研究が盛んになり、特に酸化物半導体は、空気中における過酷な使用条件下でも性質が変化しにくいため、光触媒の素材として有望視されています。なかでも酸化亜鉛は光触媒活性を有する環境調和型材料として注目を集めていますが、3.37eVのバンドギャップを有しているにも関わらず、可視光に応答し、光触媒作用を呈する理由には、特徴的な表面組織や結晶子サイズが深く関わっていると考えられています。


このアプリケーションをPDFで見る

application