広域逆格子マップ測定のデータから異なる配向の存在を評価する

広域逆格子マップ測定では、2θ方向とχ方向(試料あおり方向)の情報が得られます。そのため、2θ/θ測定のプロファイルのみでは判断できなかった異なる配向組織の存在を一目で把握することができます。


このアプリケーションをPDFで見る