農産物中残留臭素の分析

日本の食品衛生法では、農産物中に残留農薬として含まれる臭素(Br)の基準値が設定されています。エネルギー分散型の蛍光X線分析装置は取扱が容易で測定に要する時間も短いため、効率の良いスクリーニング分析が可能です。今回、小麦粉中に残留するBrの含有率をエネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX DE を用いて分析を行った例をご紹介します。


このアプリケーションをPDFで見る