NEX CG(EDXL 300)による医薬品の微量不純物の分析

医薬品原料に含まれる有害元素や、医薬品製造過程で発生する残留触媒元素など、金属不純物を定量することは、実生産におけるリスクアセスメントという観点から重要になります。従来、この分野には湿式分析による発光分光分析(ICP-OES/ICP-MS)が広く利用されてきましたが、固体試料を液化する必要があることなど決して容易ではありませんでした。そこで注目を集めているのが、エネルギー分散型蛍光X線分析法です。
本資料では、微量元素の高感度分析を実現し、液体/固体/粉末の試料形態でも短時間で測定できるリガクのエネルギー分散型蛍光X線分析装置を用いた医薬品試料の分析例を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: