示差熱天秤-ガスクロマトグラフィ質量分析同時測定装置 TG-DTA/GC-MS

  • 独創の発生ガス収集機構(特許(日本))
    水・空気などのバックグラウンドを低く抑え、試料直近での発生ガス収集を行っています。
  • TG/MSに不可欠な2つの導入モードを標準装備
    示差熱天秤から直接MSに導入するダイレクトモードと、冷却トラップを経由してGC-MSに導入するトラップモードパイロライザーによる分析が可能です。
  • 従来のパイロライザーにない豊富なシミュレーション機構と正確な温度情報
    加熱条件、雰囲気、試料量などの測定条件を広範囲に選べ、しかも正確な試料温度での情報が得られます。TG-DTAから物質の質量変化情報が、GC-MSから化学反応情報が同時に得られるので、反応の進行を“in-situ”でフォローできます。
TG-DTA/GC-MS

加熱時の反応に伴う物質の重量変化だけでなく、熱分析だけでは判断が困難な化学反応情報が、同時にしかも高感度で得られます。新素材開発、製造技術確立、品質管理、基礎研究を強力にサポートするために不可欠なツールです。各メーカのMS,GC-MSと接続可能で、トータルシステムとして技術サポートします。水蒸気雰囲気下の測定にも対応します。

  • 一目で脱ガス挙動が観測可能
    3次元マトリックスデータ表示を、あらゆる角度から自由に操作(360°回転)でき、一目で広い温度範囲での脱ガス挙動が観測できます。
  • マウスで簡単操作
    マウスのカーソル操作で、任意温度のマススペクトルや任意質量数のイオンクロマトグラムの2次元データを選択、抽出することができます(特許出願中)。
  • 熱分析データとMSデータの多重表示
    熱分析データ(TG-DTA)とイオンクロマトグラムの多重表示が、質量数イオンをマウスで直接「ドラッグ&ドロップ」操作するだけで簡単に行えます。
  • スナップショット機能
    3次元データを表示、操作するだけでなく、任意角度、任意温度から選択、抽出されたマススペクトルやイオンクロマトグラムをビットマップイメージで収納、管理できる「スナップショット機能」を設けました(特許出願中)。
  • マススペクトルの自動定性分析
    任意温度で選択されたマススペクトルは、そのままNIST-MSライブラリ検索ソフトウェア(オプション)にリンクして、自動的に定性分析が実行できます。
  • Thermo Plus/発生ガス分析装置シリーズ、同時示差熱天秤-質量分析(Thermo Mass)ならびに昇温脱離ガス分析(TPDシリーズ)の測定データをそのままロード、解析することができます。
 3D Display software image

複合熱分析法によって得られるマトリックスデータを見やすく3次元表示し、様々な角度からの2次元データの選択、抽出を可能にします。
データの解析、評価をスピーディに行うことができます。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。