元素分析アタッチメント ELement ANalyzer

  • 仕様・構成
    検出器 半導体検出器:SDD
    有感面積 7 mm2
    エネルギー分解能 140 eV 以下(@MnKα)
    計数率 50 kcps 以上(@0.25μs)
    寸法 検出ヘッド部: 70(W) x 150(D) x 73(H) mm
    制御ボックス部: 240(W) x 180(D) x 100(H) mm
    重量 検出ヘッド部: 1.3 kg
    制御ボックス部: 2.4 kg
    測定元素範囲* 15P~92U
    装置構成 検出ヘッド部
    制御ボックス部
    ソフトウェア
    取付ステージ(オプション)
  • 錯体中心金属の確認、カウンターイオンの確認、結晶溶媒の確認を測定する結晶で行えます。
  • タンパク質の重原子置換体結晶のソーキング条件を検索する際にも威力を発揮します。
  • Mo線源を使用している場合、Pより重い元素を同定することができます*
  • コンパクトで重量も軽いため、様々な装置に取り付けることが可能です。
  • 半導体検出器SDDを採用しているため、液体窒素などの冷媒が不要です。
  • *ただし、測定可能範囲内の元素でも測定条件や試料の状態によっては、測定できないこともあります。

ELement ANalyzer

ELement ANalyzerは単結晶試料の回折測定と元素分析(定性分析)を並行して行える画期的なアタッチメントです。回折測定中に試料から放出される蛍光X線をELement ANalyzerで計測することにより、結晶に含まれている元素を同定します。Mo線源の装置に組み合わせた場合、P(リン)より重い元素であれば、同定することができます*。RAPIDシリーズやSaturnシリーズなどの単結晶X線回折装置に組み合わせることができ、既存の装置を改造することなく取り付けが可能です。錯体の中心金属の有無や種類、結晶溶媒の有無を数分で確認できるため、無駄となる測定を減らし、研究を効率的に進めることができます。また、多核錯体の確認にも威力を発揮します。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。