in situ X線回折スクリーニング装置 PX Scanner

  • プレート中でのin situ 回折像測定
    シッティングドロップ・オイルバッチ・キャピラリーなど、SBSフォーマットに準拠したプレートで結晶化したサンプルを、母液に入ったままの状態で光学顕微撮影すると同時に、それぞれの結晶の回折像測定が可能です。小さすぎたり脆すぎたりしてマウントが困難な結晶にも役立ちます。
  • 高速識別
    見分けのつきにくいタンパク質結晶と塩・沈殿剤などの結晶を高速で識別します。
    LCP結晶化中に析出した塩結晶も高速で判定できるため、膜タンパク質の研究に役立ちます。
  • 良好な結晶を選別可能
    同じドロップレット内にある複数の結晶にそれぞれX線を照射し、回折像に基づく分解能の比較など、結晶の回折品質を評価できます。
  • 結晶状態を確実に把握
    クライオプロテクタントの影響評価・最適条件の検討を容易に実現。確実な結果をもとに回折実験を遂行することができ、結晶を無駄にすることもありません。
  • 経過観察
    結晶の成長を経過観察できるため、最適な結晶成長条件を容易に見つけることができます。
  • ハイスループット探索
    創薬分野におけるFBDD(Fragement Based Drag Discovery)によるリード化合物の探索にも役立ちます。
PX Scanner

マルチウェルプレート中の結晶を、そのままの状態でX線スクリーニングする装置です。
光学顕微鏡観察から回折パターンの取得まで、すべて自動で実行。大型放射光施設での測定前に結晶状態を確認し、良好な結晶を選別できるため、測定効率の飛躍的な向上が期待できます。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。