分解能可変X線集光ミラー&湾曲イメージングプレートX線構造解析装置 VariMax with RAPID

  • 従来比約20倍の輝度
    従来のグラファイトモノクロメータ光学系とくらべ、強度比20倍を実現(試料位置にφ0.1mmピンホールを置いて測定)。20ミクロン程度の結晶の測定も可能です。
  • 管球移動機構
    X線発生部に前後移動機構を備えており、結晶の大きさに合わせた最適なビーム径を選択することができます(上限φ0.35mm)。
VariMax with RAPID

微小結晶に威力を発揮するハイエンドシステム
大好評をいただいているVariMax with SaturnのRAPID版をリリースしました。Mo線源と、RAPIDが本来持つ広い測角範囲との組み合わせにより、0.38Åまでの高分解能データも容易に測定することができます。またMo線源に加え、より強力なCu線源での測定も可能です。
Cu線源では、低分子結晶の測定はもとより、タンパク質結晶のスクリーニングや、本測定も可能となりました。

  • 高圧条件下での単結晶X線構造解析
  • 物質の構造と状態を決める上で、圧力は温度と並んで重要なパラメーターです。特に対象物質の構造変化を“その場観測”するために、高圧セルDAC(Diamond Anvil Cell)を用いたX線回折測定が活発に行われています。・・・・・
  • VariMax with RAPIDを用いたタンパク質の解析例
  • 単結晶X線構造解析用装置であるVariMax with RAPIDは、本来低分子結晶用に開発されましたが、高輝度X線源に加え127 mmと長いカメラ長を持つため、タンパク質結晶にも使用することができます。・・・・・
  • VariMax with RAPIDを用いたタンパク質、リガンド、タンパク質-リガンド複合体の解析例
  • 低分子結晶用の構造解析装置であるVariMax with RAPIDは、カメラ長が127 mmと長いため、タンパク質結晶の測定・解析にも十分に使用することができます。VariMax with RAPIDは、低分子の構造解析からタンパク質およびタンパク質-低分子複合体の構造解析まで・・・・・




ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。