生体高分子構造解析用 大面積半導体検出器システム XtaLAB P1M

  • 大検出面積
    検出面積は168.7×179.4mm2。低分子単結晶測定向け検出器PILATUS 200Kの約5倍です。各ピクセルに入った回折線が、隣のピクセルににじむことがないため、回折点の分離が良く、長い格子定数を持ったタンパク質結晶の測定にも適しています。
  • 広いダイナミックレンジ
    ダイナミックレンジが広く、検出器由来ノイズがないため、長時間露光・短時間露光のいずれでも精度の良いデータが得られます。SAD法のような特に精度が必要とされる測定に最適です。
  • シャッターレス測定
    標準でシャッターレス測定を行います。読み取り中にX線を止める必要がないため、シャッターの開閉、ゴニオメーターの動作/停止の時間がなく、測定時間も測定誤差も大幅に減少します。
  • アップグレード対応
    リガク製IPシステムR-AXIS IV、IV++、VIIから、アップグレード可能。検出器の載せ替えのみで、X線源、ゴニオメーターはそのままお使いいただけます。普段お使いの環境のまま、容易にアップグレードできます。
    * アップグレード可能システムの詳細については、お問い合わせください。
XtaLAB P1M

世界で定評のあるフォトンカウンティング型検出器PILATUS 1Mを搭載した大面積半導体検出器システムです。結晶のスクリーニングから構造解析に必要なデータの収集まで、あらゆるシーンで利用できます。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。