In-line, simultaneous WDXRF spectrometer

Film thickness and composition measurements on blanket wafers

  • 微量元素の濃度・組成分析に対応
    軽元素から重元素まで幅広い元素に対応 : 4Be~92U
  • 高感度ボロン検出器 AD-Boron
    ボロン分析能力向上など、常に新しい光学系を開発し分析精度や安定度の向上を実現しています。 また、安定化のために恒温化機構・真空度安定化機構を標準装備しています。
  • X-Y-θ-Z駆動ステージ
    X-Y-θ-Z駆動方式の試料ステージと測定方向設定プログラムにより、ウェーハ全面で正確な膜厚・組成分布測定ができます。 強誘電体薄膜も回折線の影響がありません。
  • アプリケーション
    半導体デバイス BPSG、SiO2、Si3N4、・・Doped polySi(B,P,N,As)、Wsix、・・AlCu、TiW、TiN、TaN、・・PZT、BST、SBT、・・MRAM、・・  
    金属膜 W、Mo、Ti、Co、Ni、Al、Cu、Ir、Pt、Ru、・・   
    High-κ/メタルゲート Al, La, Hf、・・・  
    ソルダーバンプ
  • 豊富な固定ゴニオメーターをラインナップ
    膜厚や膜構造に応じた最適な固定ゴニオメータをご提供します。 Wsix 膜がSiウェーハ上で分析できる専用光学系も準備しています。
  • 全自動装置日常管理機能 AutoCal
    正確な分析値を得るためには、装置が正しく較正されていなければなりません。そのためには管理ウェーハとして、チェックウェーハやPHA調整用ウェーハを定期的に測定して、装置を健康状態に保つことが欠かせません。この日常校正作業を全自動化し、オペレーターの作業負担を軽減します。 それが、『AutoCal 機能』です。
  • 300mmFab対応
    FabでのスタンダードFOUP/SMIFインターフェースを装備、300mm/200mmウェーハに対応します。 また様々なAMHSに対応、ホストコンピューターとSECS/GEMプロトコルの対応で、CIM/FAを支えます。
Wafer X 310

300mm、200mmウェーハ上の各種薄膜の膜厚・組成を、同時に非破壊、非接触で分析可能な波長分散型蛍光X線分析装置(WD-XRF)です。GEM300に対応し、300mmFabでのインライン仕様に対応しています。XYθZ駆動方式試料ステージ(特許方式)により、各種メタル膜で回折線の影響を回避した正確な分析が可能です。4kWハイパワーX線管の採用により、微量元素の測定を可能にしました。また高感度ボロン検出器の搭載による BPSG膜中のボロン分析など、超軽元素も高精度に分析可能です。上面照射方式では初めての試料高さ補正機能や、Auto Cal (全自動デイリーチェック・強度補正機能)を搭載しています。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。