ハイブリッドピクセル検出器搭載単結晶X線回折装置 XtaLAB P200 (販売終了)

  • ゴニオメーター
    固定χ、1/4χ、κの3種から選択できます。
    試料-検出器間距離が最大300mmのタイプは、結晶格子の特に大きなタンパク質結晶の測定に適しています。
  • X線発生装置
    ロータータイプ(MicroMax007HF, FR-X)、2波長タイプ(DualWaveタイプ:MicroMax007HF DW, FR-X DW)に対応しています。
  • シャッターレス測定、高速読み取り
    デッドタイムが限りなくゼロに近づきました。これにより、測定時間が大幅に軽減されます。
  • ゼロ読み出しノイズ
    読み出しノイズがゼロであるため、S/Nが非常に良く、長時間露光にも適しています。サイズの小さい結晶、回折X線の強度が弱い結晶にも最適です。
  • 広ダイナミックレンジ(106 photons/pixel)
    イメージングプレート検出器に匹敵する広いダイナミックレンジがあります。回折X線の強度が強い結晶でも、強度飽和(Saturation)することはありません。長時間露光にも適しています。
  • 高い空間分解能
    Point Spread Function が1ピクセル以下であるため、回折プロファイルがシャープです。ピークの分離に優れており、オーバーラップの問題を解消します。
※ 詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

ハイブリッドピクセル検出器 PILATUS3 R 200K を搭載した単結晶構造解析用システムです。
ハイブリッドピクセル検出器の特長の1つである高速読み取りを生かし、シャッターレス測定を実現しました。ダイナミックレンジが106 photons/pixelと広く、長時間露光にも適しています。
PILATUS3 R 200K を既存のリガク製CCD用ゴニオメーターに搭載し XtaLAB P200 へアップグレードすることもできます(詳細はお問い合わせください)。

  • 高圧条件下での単結晶X線構造解析
  • 物質の構造と状態を決める上で、圧力は温度と並んで重要なパラメーターです。特に対象物質の構造変化を“その場観測”するために、高圧セルDAC(Diamond Anvil Cell)を用いたX線回折測定が活発に行われています。・・・・・
  • 巨大ねじれ芳香族化合物の解析例
  • ピロール環を5つ以上有するポルフィリン類縁体を環拡張ポルフィリンといい、ポルフィリンとは異なる様々な興味深い性質を有することがわかっています。例えば、ポルフィリンが平面構造を有するのに対し、環拡張ポルフィリンは非常に柔軟な構造のため・・・・・
  • 迅速測定による測定精度の評価
  • 新規タンパク質の結晶構造解析では、しばしば異常分散のシグナルを用いた位相決定法が用いられます。異常分散のシグナルは微弱なため、精度の高い測定が必要不可欠です。・・・・・
  • MM003を用いたヨウ素SADによる構造解析例
  • 高輝度マイクロフォーカスX線管のMicroMax-003(以下MM003)は、30Wという低出力にもかかわらず、非常に輝度が高いため、タンパク質結晶の単一重原子同型置換法, 単波長異常分散法といった、実験的な手法による位相決定にも使用することが可能です。
  • PILATUS3 R 200Kを用いた高分解能測定例
  • ハイブリッドピクセル検出器であるPILATUS3 R 200Kは、フォトンカウンティング型検出器で、弱い回折線も効率よく検出することができます。暗電流や読み出しノイズがゼロのためS/Nが非常によく、さらに広いダイナミックレンジがあるため・・・・・
  • XtaLAB P200を用いた短時間露光でのS-SAD構造解析例
  • SAD法(単波長異常分散法:Single wavelength Anomalous Dispersion法)は、1波長のみのデータで位相決定を行うため、微弱な異常分散シグナルを精度よく測定することが重要です。異常分散シグナルの改善には・・・・・