HPC検出器搭載単結晶X線構造解析装置 XtaLAB PRO MM007(販売終了)

  • 理想的な検出器を備えたX線回折装置
    HPC検出器を搭載し、低ノイズ、広ダイナミックレンジ、高速読み出し、シャッターレス測定を実現しています。これまで経験したことのない高速測定が可能であるだけでなく、低ノイズのため長時間露光にも最適で、微弱な回折強度も正確に測定できます。
  • 圧倒的な輝度
    高輝度マイクロフォーカス回転対陰極X線発生装置MicroMax007HFを搭載しています。MicroMax007HFの実効焦点は、球形の理想的な形でφ70μmに収束。圧倒的な輝度を実現しています。
    2種類のX線源を搭載した2波長システムなら、Cu線源が適している講師の大きな結晶の測定や絶対構造の判定、Mo線源が適している無機化合物の測定や高分解能測定を、1台の装置で行えます。
  • ワークフローを考慮した筐体デザイン
    筐体の扉は両開きタイプを採用。内部には結晶ハンドリング用スペースを確保し、大型モニターを設置しました。操作性が向上し、迅速かつ効率的に結晶を取り扱うことができます。
※ 詳細につきましては、お問い合わせ下さい。

無機・有機低分子結晶から生体高分子結晶まで、幅広い試料に1台で対応できる単結晶X線構造解析装置です。
現在使用されている検出器の中で、最も理想的とされているHPC(Hybrid Photon Counting)検出器を搭載し、単結晶X線構造解析装置としての性能が飛躍的に向上しています。