超高感度DSC Micro DSC VII/Micro SC

  • 試料容器は円筒形の1.2mLサイズで希薄~濃厚溶液,食品ゲル、固体と測定サンプルの形状を選びません。試料容器材質は、耐食性に優れたハステロイCを採用し、最高20気圧の耐圧を実現しています。
  • 試料容器の取り外し,洗浄が容易に可能ですから容器内で試料が凝固、凝集、凍結しても検出器を破損させることがありません。豊富にラインナップされた試料容器を用いて、液-液、固-液、気-液の撹拌混合、循環混合測定が可能です。
  • MicroDSCには0.2μWの検出感度を持つMicroSC、冷却用の冷媒を使わずペルチェ素子による強力な電子冷却機構で-45℃から測定が可能なMicroDSCⅦの2機種があります。
    MicroSCは、2つの試料容器・標準試料を搭載でき同時測定が可能です。
  • 一般の熱量計に比較すれば非常に少量のサンプルで、等温マイクロカロリメータとして使用可能です。とくに高価なサンプルを少量使っての測定には威力を発揮します。
  • おもな仕様
    測定温度範囲:-40℃~200℃(MicroSC),-45 ℃~120 ℃(MicroDSCVII)
    昇降温速度:0.01~1.2℃/min(MicroSC),0.01~2.0℃/min(MicroDSCVII)
    試料容器:バッチ式密封容器、ガスフロー容器、バッチ式混合容器、ガラスアンプル式混合容器、液体比熱測定容器 、高圧容器~40MPa(MicroDSCVII)
    検出限界:0.2μW(MicroSC), 1μW(MicroDSCVII)
Micro DSC III

SETARAM社のCalvet式熱量計のノウハウと半導体検出器の最新技術が融合しMicroDSCは超高感度測定を実現しました。MicroDSCが広い応用測定に使える最大の理由は、超高感度DSCでありながらサンプル容器が検出部と分離して取り出せることにあります。一般に超高感度DSCは希薄な液体サンプルを想定して設計されていますが、MicroDSCは液体~固体までサンプルを問わず測定が可能です。

SETARAM logo
SETARAM社のサイトはこちら blank




ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。