熱伝導率測定装置 TCi

  • 正確で迅速な測定
    熱伝導率0~500W/mKを5秒以内で測定できます。
  • 測定温度範囲
    -50℃~200℃ (オプション500℃)
  • 非破壊センサー
    試験によってサンプルを変性させることも損傷させることもなく、再利用可能です。
    製品及び製造途中品のQC試験に最適です。
  • 様々な試料を測定できます
    固体、液体、粉末、ペースト、ゲル
  • 煩雑な試料成形は不要です
    測定に必要な最小厚みは0.5mmです(試料の熱伝導率によります)。液体は2ml。
  • 簡便で省スペース
    加熱機器・グローブボックス・圧力容器で測定することができます。
  • 電源
    100V 50/60Hz
  • TCiセンサー仕様表
    モデル名
    熱伝導率測定装置 TCi
    標準型センサー
    TLSセンサー
    テストメソッド
    MTPS
    非定常平面熱源
    TLS
    非定常ライン熱源
    熱伝導率範囲
    0~500 W/mK
    0.1~6 W/mK
    センサー形状
    φ17.8mm
    150mmまたは70mm
    温度範囲
    -50~200℃
    (500℃オプション)
    -55~200℃
    加熱サイクル時間
    5 s(標準)
    100 s(標準)
    サンプル形状
    固体、粒状物質、粉末、スラリー、ゲル、ペースト
    粒状物質、粉末、スラリー、ゲル、ペースト
    国際規格
    ASTM D7984
    ASTM D5334
    ASTM D5930
    IEEE 442-1981
download

熱伝導率(0-500W/mK)を画期的な手法で間単にそして迅速に測定できる装置です。

C-THERM社は熱伝導率測定用センサーを10年以上に渡り研究開発を行ってきました。熱伝導率測定装置TCiは第三世代C-THERMテクノロジーの集大成です。

改良された非定常平面熱源(modified transient plane source)を用いているTCiは、センサーを絶縁処理することにより、粉末・液体・固体・ペースト試料の熱伝導率を5秒以内に測定できます。さらに非定常ライン熱源(Transient Line Source)により、より簡便でハイスループットな測定環境を提供します。

この画期的な測定手法は、熱物理特性の知見を必要とする幅広い分野(研究開発やQC)に貢献します。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。