骨質評価X線回折装置 R-AXIS BQ

  • 非破壊マッピング測定
    二次元検出器(湾曲イメージングプレート)の特徴を生かし、従来では反射法で破壊分析であった骨質測定を、透過法を用いることで、非破壊でマッピング測定を可能にしました。
  • 骨質測定用自動X-Yステージ
    専用の骨質測定ステージと専用の解析ソフトウェアで簡単な骨質解析を実現しました。
  • 骨密度解析
    骨密度も同時解析可能(吸収係数解析)。
  • 全自動測定
    サンプルをマウントするだけで、サンプルの自動センタリングからX線吸収プロファイル測定、骨質配向性測定までを全自動で行います。
  • 部位依存性の解析
    遺伝子組み換え動物を用いた骨質評価や皮質骨の骨断面内部依存性も解析可能。
  • 本装置は、大阪大学大学院工学研究科 中野貴由教授との共同開発※によるものです。
    ※独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO 技術開発機構)平成15年度産業技術研究助成事業「アパタイト・ナノ結晶配向を利用した新たな臨床用硬組織評価・診断法の開発」(平成15年10月~平成20年9月)において行われました。
R-AXIS BQ

 使いやすいリガクの骨質評価
 専用パッケージ

骨質解析に特化した専用装置を開発しました。
従来は反射法で破壊分析であった骨質測定が透過法により非破壊で行えます。骨密度解析や骨質解析・骨質変化機構、骨再生度合い、骨再生機構の解明などにお役立ていただけます。測定は専用ステージとソフトウェアにより、サンプルをマウントするだけの全自動測定を実現しています。





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。