統合粉末X線解析ソフトウェア PDXL

  • ハイブリッドサーチマッチにより定性能力が向上
    ピークベース定性とプロファイルベース定性の特長を融合させた「ハイブリッドサーチマッチ」により、定性能力が向上しました。これまで困難とされていた、選択配向した結晶相の同定や、異方的に格子変形した結晶相の同定が容易になりました。
    なお、検索に使用できるデータベースには、ICDDのPDF-2・PDF-4+や、CRYSTMETの他、無償のCOD日本結晶学会無機結晶データベースなどがあります。
  • パッケージ解析(オートメーション)により操作時間を大幅に短縮
    複数のデータを同じ条件で、自動で解析できます。異なる条件で合成された試料や、測定温度の変化などによるデータの各種解析結果を簡単に比較できます。また、すべての解析結果について、レポート作成や解析結果の保存を自動的に行うことができます。
  • リートベルト法を利用して誰でも身近に定量分析を
    これまでX線回折法による定量分析では、被検試料の測定の他に、標準物質を混合した試料を多数作成・測定して、検量線を作成する必要がありました。リートベルト法を用いると、検量線を作成する必要がなく、定量分析を簡単に行うことができます。
    一般に、リートベルト解析というと難しいイメージがありますが、PDXLでは、初心者から熟練者まで、簡単にリートベルト法による定量を行うことができるインターフェースを用意しました。
  • FP法によるピーク形状計算により、結晶子サイズ解析や、多相のリートベルト解析が、より正確に
    装置や試料による回折ピーク形状を計算するFP法を導入したことで、標準物質を測定することなく、結晶子サイズやそのサイズ分布(結晶子サイズのばらつき)を解析することができます。また、回折ピーク同士の重なりが多くなる、多くの結晶相を含む試料のリートベルト解析では、より正確な定量値の算出ができます。
  • 未知結晶構造解析に必要なすべての機能を持つオールインワンソフトウェア
    粉末回折パターンからの未知結晶構造解析に必要な、指数付け・初期構造決定・リートベルト法(結晶構造精密化)などのすべての機能を用意しました。
    さらに、有機結晶の構造解析を強力にサポートする構造解析ガイダンスを搭載しました。
    また、直接法を利用できるEXPOのほか、定評のあるGSAS、FullProf、RIETAN-FP、FOXなどのプログラムも、エクスポート機能を利用して簡単に使用することが可能です。
  • プログラム構成(標準)
    PDXL基本パッケージ:平滑化、BG除去、Kα2除去、ピークサーチ、多重ピーク分離、結晶子サイズ(Schrrer法、FP法)、結晶子サイズ分布(FP法)、多重記録、タスクマクロ、ICDD・CRYSTMET・CODおよび日本結晶学会無機結晶構造データベースへのアクセス、ファイル履歴とサムネイル、多彩なレポート作成、2θ補正、d-Iリストからのパターンシミュレーション、3D多重表示、ICSDへのアクセス、結晶構造データ(CIF)の入出力、3D結晶構造表示、RIR定量
  • プログラム構成(オプション)
    PDXL定性:ハイブリッドサーチマッチ
    PDXL定量:内部標準法、外部標準法、標準添加法
    PDXL応用解析:結晶子サイズと格子歪(Hall法およびHalder-Wagner法)、格子定数の精密化、結晶化度、応力
    PDXLリートベルト:リートベルト法による格子定数・定量値・結晶子サイズと格子歪の算出、FP法による結晶子サイズ(球形、楕円体)・サイズ分布・異方的格子歪の算出、RIETAN-FPを使用したリートベルト法による各種パラメータの算出
    PDXL構造解析:結晶系と格子定数の決定、直接法・直接空間法・チャージフリッピング法による構造決定、リートベルト法による結晶構造パラメータの算出
    PDXLクラスター解析:プロファイルパターンおよびピーク位置による複数データのクラスタリング

最新の統合粉末X線解析ソフトウェアです。
フローバー方式を採用し、データ解析からレポート作成、解析結果の保存まで、一括して行うことができます。X線回折の基本データ処理から定性、定量、結晶子サイズなど応用解析やリートベルト解析・未知結晶構造解析まで幅広く対応しています。

【特集】 PDXL構造解析パッケージ開発秘話
     ~SAPDプロジェクト~
  blank





ステップ1 入力画面
入力必須印は、必須項目です。

お問い合わせ内容

 入力必須お問い合わせの種類
 入力必須お問い合わせ製品

(Ctrlボタンを押しながら
複数の選択が可能です)




上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
 入力必須お問い合わせ内容
  (1000文字まで)

ご連絡先入力

 入力必須ご勤務先/学校名
例)株式会社リガク
 入力必須ご所属
例)研究開発部第一課
 入力必須お名前
例)理学 太郎
 入力必須お名前フリガナ
  (全角カタカナ)
例)リガク タロウ
 入力必須E-mailアドレス
例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
 入力必須 郵便番号
例)196-8666(数字半角)
 入力必須都道府県
 入力必須ご住所
例)昭島市松原町3-9-12
 入力必須電話番号
例)042-545-8111(数字半角)
   Fax番号
例)042-544-9795(数字半角)
   ご意見・ご要望
  (1000文字まで)
その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。