走査型蛍光X線分析装置 ZSX Primus IVi

  • アプリケーションの共有化が容易
    上面照射タイプZSX Primus IV と下面照射タイプZSX Primus IVi とのハード・ソフトウェアの共通プラットフォーム化によって両機種および同じ機種間でアプリケーションの共有化が容易に行えます。
  • 高度な自動判断機能を搭載したSQX分析
    SQX分析は定性分析結果を用いて定量分析を行うスタンダードレスFP分析です。
    • 重元素から発生する高次線の影響を評価し、最適な測定条件を自動選択して、より正確なSQX分析を実現
    • EZスキャンに微量元素を検出する定角測定設定モードを追加
    • EZスキャンに測定時間2分以内の超高速モードを搭載
    • 多層膜試料のスクリーニング分析に対応
    • 任意の試料フィルムを試料フィルム補正に追加可能
    • SQX散乱線FP分析(粉末・ポリマー用)が30mm径にも対応
    • SQX再計算時にSQX散乱線FP分析への変更が可能
    • ヘリウム雰囲気への迅速な置換
      試料室と分光室の間に真空隔壁を追加することによりヘリウム雰囲気への置換時間を短縮できます。また、液体試料ホルダー検出機構の追加により真空雰囲気へ液体試料を導入間違いがなくなり安心して測定できます。
    • 軽元素用ガスシールド型プロポーショナルカウンター S-PC LE
      ガスシールド型検出器で分析におけるガス排出はゼロ。 検出器用ガスボンベは設置不要です。
    • WDXシステムによるポイント/マッピング分析
      r-θ駆動の試料ステージ採用で測定ポイントによるX線強度変化が生じることなく、100 μmのマッピング位置分解能で、プリント基板上の配線などの分析や各種材料の介在物などの微小部分析が可能です。
    ZSX Prmus IVi

    ZSX Primus IVで培ったハード、ソフトの最新技術を基に、更なる性能、機能の向上を実現した下面照射タイプの走査型蛍光X線分析装置です.液体試料は試料フィルムを張った試料セルに注ぎ込むだけで容易に測定できます。また、ディスク状の合金、メッキ板、ガラス板などの試料は測定面を下にしてそのまま試料ホルダーに置くだけで容易に測定ができます。加圧成形が困難な粒子状試料、少量試料、破片状小径試料等に対しては、試料セルのフィルムの上にそのままセットし、貴重な試料に試料処理加工をしない測定も容易です。高解像度カメラにより試料画像を観察しながら分析位置指定やマッピング測定ができます。


    banner
    試料交換機(試料トレー方式)
    banner

    banner
    下面照射型光学系





    ステップ1 入力画面
    入力必須印は、必須項目です。

    お問い合わせ内容

     入力必須お問い合わせの種類
     入力必須お問い合わせ製品

    (Ctrlボタンを押しながら
    複数の選択が可能です)




    上記以外の製品をお問い合わせに追加する場合、下記より装置の種類をお選び下さい。
     入力必須お問い合わせ内容
      (1000文字まで)

    ご連絡先入力

     入力必須ご勤務先/学校名
    例)株式会社リガク
     入力必須ご所属
    例)研究開発部第一課
     入力必須お名前
    例)理学 太郎
     入力必須お名前フリガナ
      (全角カタカナ)
    例)リガク タロウ
     入力必須E-mailアドレス
    例)info@rigaku.co.jp(英数字半角)

    こちらのアドレスにお問い合わせ内容の確認メールを送らせていただきますので、お間違いのないようご入力願います。
     入力必須 郵便番号
    例)196-8666(数字半角)
     入力必須都道府県
     入力必須ご住所
    例)昭島市松原町3-9-12
     入力必須電話番号
    例)042-545-8111(数字半角)
       Fax番号
    例)042-544-9795(数字半角)
       ご意見・ご要望
      (1000文字まで)
    その他ご意見・ご要望等がございましたら、こちらにお書き添えください。
    ご記入いただいた個人情報は、本件に関するお客様へのご連絡に利用させていただくことがあります。