RINT-RAPIDⅡを用いた極微小試料の測定

交通事故の現場に残された証拠品の情報から事件解決を目指す場合、証拠品が極小量あるいは微小である場合が多く、従来のX線回折装置では充分な結果を得ることが困難な場合がありました。人工多層膜ミラーを搭載したRINT-RAPIDⅡは高輝度の入射X線と大面積の2次元検出器が搭載されていますので、数10µm領域の微小部測定を10分程度の短時間で行うことが可能です。


このアプリケーションをPDFで見る

推奨装置