ナノ構造体の評価 ~ 鉄内包フェリチン ~

application

外径が13 nmで内部に7.5 nmの空洞を持つ籠状タンパク質のアポフェリチンは、さまざまなナノ粒子作製のテンプレートとして使用できることがわかってきました。タンパク質に取り込まれた原子は空間的に制限された空洞内でナノ粒子に成長するため、均一なナノ粒子が生成されます。しかしながら、生成されたナノ粒子のサイズ分布を評価することは容易ではなく、ナノ粒子の結晶構造や生成過程に未解明な部分があります。X線小角散乱やX線回折を用いると、フェリチンのコアシェル構造やナノ粒子の結晶構造を知ることができます。


このアプリケーションをPDFで見る

application