セラミックス

X線回折による結晶方位の解析

セラミックスは、高温での熱処理によって焼き固められた金属酸化物等で、硬度が高く、耐熱性に優れています。酸化物系、窒化物系、炭化物系、炭酸塩系など様々な種類のセラミックスが知られています。 セラミックスは、さまざまな分野で材料として使用されていますが、その多くは結晶性であり、製造・加工時の変形や熱履歴による局所的な結晶方位の変化(集合組織)を引き起こします。その結晶方位が製品の性能を大きく左右することから、X線回折による結晶方位の解析およびが重要になります。グロー放電発光分析装置では、セラミックスの深さ方向の元素分析ができます。

アプリケーション