PILATUS3 R 200Kを用いた高分解能測定例

ハイブリッドピクセル検出器であるPILATUS 200Kは、フォトンカウンティング型検出器で、弱い回折線も効率よく検出することができます。暗電流や読み出しノイズがゼロのためS/Nが非常によく、さらに広いダイナミックレンジがあるため、長時間露光にも適しています。そこで、長時間露光によりどの程度高分解能な反射が検出できるかの評価を行いました。


このアプリケーションをPDFで見る