紙・プラスチック上のシリコーン付着量測定

剥離紙や粘着テープの接着部を剥がれやすくするためのコーティング剤や、食品や様々な材料の酸化を防止するための包装のコーティング剤などにシリコーンが使用されています。
シリコーン塗布量は製品の性能を左右するため、シリコーンを塗布する製造工程で定期的に測定する必要があります。多量に塗布されるとシリコーンが必要以上に浪費され、また、少ないと製品の性能を満たすことができません。
エネルギー分散型蛍光X線分析装置 NEX QC(ネックス・キューシー)を使用することにより、簡単な操作でシリコーン付着量が測定でき、最小限のコストで信頼性の高い品質管理を行うことができます。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: