MiniFlex300/600による建材中のアスベストの測定

application

アスベストが頻繁に使用されていた1970~90年代から20年以上が経過して、アスベスト含有建築物の老朽化に伴う解体が増加しています。そのため、解体する建築物中のアスベスト含有の有無について迅速な判断を求められています。コンパクトな分析装置であるMiniFlex300/600と高速1次元X線検出器 D/teX Ultraを用いることで、解体現場などでのその場分析が可能です。


このアプリケーションをPDFで見る

application