Mo Kα1光学系を用いた電池材料 Li(Fe0.8Mn0.2)PO4 のリートベルト解析

リチウムイオン2次電池の正極材料の一つとして知られるオリビン型リチウム化合物は充放電時の熱安定性、化学的安定性などに優れており、また高価な遷移金属を使用しないため経済性も高く、次世代電池の正極材料として有望視されています。現在では他の金属を固溶、置換させることで電気特性の向上を図り、より高性能な正極材料の開発が行われています。


このアプリケーションをPDFで見る