リチウムイオン電池材料の分析

application

X線回折装置をリチウムイオン電池の正極材評価に活用すると、定性分析や結晶子サイズ解析、リートベルト解析などに加え、充放電状態の評価も可能です。従来の充放電状態評価は、充電前の初期状態で測定するか、一定の充電ポイントで電池を解体して測定するex-situ測定がほとんどでした。しかし現在、装置内で充電しながら測定するin-situ測定が可能になっています。in-situ測定には、電池の個体差や自然放電による状態確定の難しさがなく、複数の電池を分解する必要がないため低コストに行えます。本資料では、リチウムイオン電池をリガクのX線回折装置でin-situ測定した実例にもとづき、充電過程におけるX線回折プロファイルの変化と、オリビン型LiFePO4の結晶構造変化を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: