X線構造解析による化合物の探索

SBDD(標的タンパク質の3次元構造情報にもとづく薬剤設計:Structure Based Drug Design)のみによる分子探索の欠点を改善する方法として、リード化合物をその部品(フラグメント化合物)から組み立てるFBDD(Fragment Based Drug Design)というアプローチが注目を集めています。こうした最新の薬剤設計において、出発点となるタンパク質の構造解析は従来、放射光を使用する必要があると考えられてきました。しかし実際には、実験室系の装置で十分なケースも多いのです。
本資料では、リガクの単結晶X線回折装置および生体高分子を対象とするX線小角散乱装置を利用し、結晶化の困難なものを含むタンパク質の構造決定を行い、化合物を探索する手法と実例を紹介します。



このアプリケーションノートをPDFでご覧頂くには、
下記事項を入力してダウンロードを押して下さい。

     
お名前:
     
会社名・学校名・団体名称:
     
mailアドレス: