PlateMateを使用したin situ測定・解析例

タンパク質の結晶化により得られた結晶がタンパク質の結晶なのか、解析に堪える十分な回折能を持つのかを評価するには、結晶化プレートから結晶を取り出し、実際にX線を照射しなければなりません。また、十分な回折が得られない場合には、凍結条件に問題があるのか、もともと結晶性が低いのかを評価するために、室温での測定が必要となります。室温での測定では結晶をキャピラリーに封入するなど、手間のかかる作業が必要です。PlateMateはSBS形式の結晶化プレートを直接X線回折装置に取り付けることができるアダプターです。PlateMateを用いることにより、結晶化状態のままX線を照射し結晶の評価を行うことが可能となります。


このアプリケーションをPDFで見る